子供の躾;排尿の躾の実際


 排尿の躾については、排便の躾のような技術的な指導はないのですが、1日の回数が多く、親としては非常に扱いにくく、早くおむつをとりたい、躾を完成したいという欲求が強く出てしまいます。

 ここでは、排尿の躾をする際に注意したいこと、おこりやすい問題をいくつかまとめてみましょう。

 <躾の目標になるもの>

● 子供の発達にあわせる

 昔から、食事の時間と排泄、特に排尿について、親子の間のもつれがおきやすいと言われてきました。

 これは、多くの場合、子供の生理的機能の発達のしくみについて、正しい理解がないためにおこると言ってもいいのです。

 従って、子供の発達にあわせて、おおよその目標を定め、ゆっくりと進めることが大切です。

スポンサードリンク

● おしっこを教えるようになれば一人前

 条件反射を利用する躾の方法については、先の述べましたが、2歳過ぎになると、おしっこをそのつど教えることが多くなります。

 そうなったら、知らせるたびにパンツを脱がせて、一人でトイレに行くように指導しましょう。排尿が完全にできるようになるのは、3~4歳頃ですが、たびたび失敗を繰り返すのがふつうですから、あまり神経質にならないように注意して下さい。

 <おこりやすい問題と注意>

● 型にはまった躾は禁物

 躾をあまり厳しくやりますと、親子の間の心のもつれがおきて、頻尿や垂れ流しなどの困った問題が起きてきます。

 こうなったらもう一度おむつをあててリラックスさせるなど、赤ちゃんからやり直すとよいでしょう。それと同時に、親自身を指導することも必要で、専門家によるカウンセリング(相談、指導)を行なって、親の気持ちを変えて、子供の抵抗をゆるめていかなければなりません。

 子供に不安を与えないように躾けていくことがポイントになるのです。

● 昼間ちびることが多い子供

 昼間ちびちびおもらしをする子供がいます。これを昼間遺尿といいますが、このような子供ではいつもパンツが湿っています。原因はまだよくわかっていません。

 夜尿する場合と、夜尿はしないが昼間遺尿だけといった場合があります。昼間遺尿だけがおこっている場合は、小学校2~3年までには自然に治ってしまいますが、昼間遺尿と夜尿がだぶっている場合は、なかなか治しにくいのです。

 大脳のコントロールが悪くて、膀胱の括約筋が、ときどき自然に開いてしまうためとも考えられますが、心の面でどこかに不安があるためではないかと考えられることもあります。

 自然に治ることもあり、こんな状態が子供にみられる場合は医師に相談してみてください。

子育てママの化粧品