子供の躾;排便の躾の実際


 <躾の目標になるもの>

 文化的な人間生活に適応していくためには、排便はいつでも、決まった場所で行なわなければなりません。

 排便の躾は、そのような場所で、しかも親の手を借りずに後始末まで出来るようになることが、当然のことながら目標になります。

● 生後10ヶ月頃を第一の目標に

 この頃になると、排便の時間や回数がだいたい決まってきます。また、排尿と違って、いきみなど排便のはじめるサインがありますから、これらを見はからって便器にかけさせてみます。

 しかし、その時に必ずしてくれないこともあって親をがっかりさせますが、1歳ぐらいまでは、成功したらさいわいでしょう。おおらかな気持ちで進めてください。

● 2~3歳頃

 子供が、便意を告げたら、一緒にトイレに行くようにしましょう。この頃でも失敗はよくあることで、決して叱ってはいけません。

スポンサードリンク

● 4歳頃

 この頃になったら、便の後始末まで出来るようになれば、躾も一応完成したとみてよいでしょう。しかし、この時期にあまりこだわらず、発達の個人差なども十分に考えて、1年ぐらいの遅れは大目に見てあげてください。

 <上手な躾の方法>

● 生後10ヶ月頃
 
 条件反射による躾を行なう時期で、子供の状態をよく見きわめて、親が全面的に手を貸してあげなければなりません。

 毎日、一定時間を決めて、(朝の授乳か離乳のあと)、おむつをはずして便器にかけさせます。朝食後は腸の働きが活発ですから、条件反射を成立させやすいのです。

 便器をあてがっている間は、そばで「ウン ウン」と声をかけましょう。長い時間便器にかけさせ、遊ばせてしまってはいけません。出ないとき、イヤイヤをしたときなどは、すぐにやめます。

 成功した時は、おおいに褒めてあげてください。このようなことを何回か繰り返しているうちに、習慣がついてきます。

 時には、便器からおろしたとたんに排便をしたりすることもあるが、決して叱ってはいけません。

● 1~2歳頃

 気張るようにして便意を告げたり、お母さんに「ボク ウンチ」などといったとき、トイレにいっしょに行ってあげるとか、便器にかけさせます。

 1日の回数が少ないことから、比較的問題は起きにくく、排尿と比べると躾はしやすいものです。

子育てママの化粧品