子供の躾;排泄の躾 おおよそのプログラム


● 排泄したことを知らせる─乳児の場合

 生後3~6ヶ月頃から、おしりが汚れると泣くようになります。これによって排泄したことを親に知らせていると考えられるのですが、この点は、まだ明らかにはされていません。

 しかし、実際排泄をすると、むずかったり、泣いたり、顔つきが変わり、それを親が判断しておむつを取り替えることになります。

 従って、これを“知らせている”と考えてよいわけですが、厳密にいえば、これはあくまでも生理的なもので、皮膚にたいする不快感が情緒にあらわれてくるものと考えるべきでしょう。

● 排泄したことを知らせる─幼児の場合

 排泄したことをはっきり教えるようになるのは、1歳から2歳の間です。排泄したあとで「ママ ウンチ」とか「ママ オシッコ」などと教えます。

 このように、言葉で教えるということは、とうぜん言語発達など知的な発育と深いつながりを持っており、個人差があります。

 排泄したあとで知らせるというのは、子供にとって大きな進歩ですが、この頃お母さん方に注意していただきたいことが一つあります。

スポンサードリンク

 それは、排泄した後で教えると、出来るだけおむつを汚さないようにとの、親の期待に反したため、「教えてくれなくちゃだめよ」などと、とかく言いがちです。

 しかし、こんな場合子供を叱ってはいけません。むしろ「いい子ね。よく教えてくれたわね」と言って褒めてあげるべきです。教えられるようになるというのは、発達過程においては大きな進歩なのですから。

● 排泄を予定する

 個人差はありますが、排便では1歳~1歳半頃から、排尿では1歳半~2歳に予告するようになります。
 
 排便と排尿ではかなり時期に開きがありますし、また、個人差が大きいので、いちがいにはいえません。

 排泄を予告できるようになれば、躾も一応の完成と見てよいでしょう。

● 3歳過ぎても安心できない

 しかし、大脳の統制機能がまだ完全に発達していないので、予告するゆとりがないままおもらしをすることは、3歳児でもよくあることです。
 
 例えば、遊びに熱中しているというように、遊びへの集中の機能がマヒしている時は、とかく失敗が多くなります。幼稚園では、いつでも予備のパンツを用意しているでしょう。

 遊びに熱中しても、おもらしをしなくなるのは、4歳過ぎてからで、これも完全という状態ではありません。小学校に入ってからでも見られることがありますから、けっして恥ずかしい思いをさせてはいけません。

 あまり、親が失敗をしかったり、恥ずかしい思いをさせると、頻尿の原因にもなります。

● 排泄躾の完成とは

 親の手を借りずにおしっこに行ける、排便の後始末が出来るといった状態、つまり、排泄に関した親が子供にまかせておける、それに心をわずらわされないようになれば、排泄の自立が出来たということになります。

 いつごろかということについては、個人差もあり、いちがいにはいえませんが、一応4歳~5歳を目標にすればよいでしょう。

子育てママの化粧品