子供の躾;おむつの取り換えと排泄の躾


 濡れたおむつをこまめに取り替えることが、排泄の躾の基礎になるという考え方があります。

 しかし、ちょっとでも濡れているとすぐ取り替える、といったことを繰り返していくと、子供は神経質になってしまいます。

 躾は全体の基本にもなることですが、おむつは濡れていてはいけないというように“こうでなければならない”といった「枠」にはめてしまうと、それにたいして、子供に「こだわりの機制」─どうしてもこだわってしまう心の働き─というものが生じ、神経症の原因にもなってしまいます。

 子供を育てる場合は、ゆとりと「融通性」をもって周囲の状況に合わせる能力を、出来るだけ広げてやるように心がけたいものです。

 いつも乾いたおむつをさせておくということにこだわると、排尿をさせようと思ってもそれに応じなくなり、かえっておもらしをするといった「抵抗の機制」も出てくることがあるのです。

 育児は気長にやるもので、濡れたおむつを気にして、こまめに取り替えることは、かえって逆効果になります。

スポンサードリンク

 ”おもらし”に厳し過ぎると、もう少し大きくなり、1歳半~3歳にかけて、”おもらし”を厳しくしかると、頻尿にもつながっていきます。漏らしてはいけないということにこだわると、乗り物に乗る前に2度も3度も絞り出すようにおしっこを出すのです。

● 環境の条件を整える

 子供の排尿便の習慣の自立に関しては、積極的に躾るというよりも、むしろひとりでに身につくのを待つというくらいのんびり構えるべきでしょう。

 ただし、放りっぱなしでいいということではありません。ときどき「おしっこは?」と聞いたり、おもらしをした場合はお母さんが拭いてあげる、といった具合に、いつでも環境条件を整えておく必要があります。

 <大脳の発達にあわせた躾>

 子供は、親の働きかけしだいで何でも出来るようになると考えるのは間違いです。

 特に、排泄の躾では、条件反射による躾の時期が過ぎると、大脳の機能が強く働くようになります。もし、大脳の機能が十分発達していない場合には、それなりに躾を遅らせるべきです。

● 親の働きかけを受け入れる素地はできているか

スポンサードリンク

 親の働きかけが効果的に行なえるような素地(レディネス)がそなわっていないと、いくら熱心に躾をしたところで子どもは受けつけません。このようなレディネスをどう見ていくかが、育児、ことに小さい年齢の子供の育児にとってとても大事な点なのです。

 レディネスは、土の中に埋もれているようなもので、なかなか分かりにくいものですが、ちょっと刺激を与えてみて、子供が反応した場合にはレディネスができていると考えられます。

● 1歳半から2歳が一つの目安

 排泄の躾では、大脳の発達程度が問題で、これを判断することはかなり難しいのです。何回か繰り返し「おしっこは」などと言っているうちに、1年半ごろで教える子も出てくるし、遅い子供では2年過ぎになる場合もあります。

 このように個人差が大きいので、画一的な躾の方法は子供を苦しめることになります。要は、子供の持っているレディネスを見つけ出して、個別的な躾を行なうべきで、もちろんよその子と比較するのはさけなければなりません。

子育てママの化粧品