幼児の育児:2歳児~成長期の特徴


● 反抗期を迎える

  2歳時代になると、親の言うことに何でも反抗するようになる。この反抗心は、世界中の子供に共通のもので、子供の心に自立心ができたことを意味している。子供がやろうとすることは、まずやらせてみて、辛抱強く反抗期の卒業を待つのが望ましい。

● 食事は十分に

 この時期は運動量が多く、体のわりにたくさんの栄養を必要とする。食欲もあるから、偏食させないように注意して、十分に与える。

● 食事は規則正しく

 食事は、おやつを含めて、規則正しい時間に与える。遊びながら食べる癖をつけないように。
 食事の前後のあいさつをさせる。

● 一人で寝かせる

 決まった時間に必ず寝かせる。まだ両親の布団に入ってきたがる。一時的には受け入れてやってもよいが、おりを見て独立させる。寝る前にお話をしてやるなど、楽しい雰囲気をつくってやると、安眠の助けとなる。

スポンサードリンク

● 面倒を見過ぎないように

 手洗い、うがい、衣類の着替えなどは、出来るだけ本人にまかせ、無理なところだけ手伝う程度にする。一人でじょうずにできたときは、褒めてやるとよい。

 排尿、排便はだいたい失敗しなくなる。パンツの上げ下ろしは手伝っても一人で便器にするように、少しずつ向けていく。この時期からおもちゃでよく遊び、自分の物を大切にする。おもちゃ箱を与えて、遊び終わったらそれにしまう習慣をつけていきたい。

● 遊びに適した服装を

 砂遊びや水遊びで衣服を汚すことが多くなり、活動も激しくなる。服装は、洗濯のよくきく丈夫な布地で、飛んだり跳ねたりの運動が楽にできるものにする。

● 入浴は毎日させたい

 夏でも冬でも、汗をかく量が多いから、入浴は毎日させてやりたい。入浴ができないときは、からだを拭いてやる。
 からだを拭く余裕がないときは、手足だけでも拭いてやる。


 からだの発育

 体重
 特徴
・ 満2歳のお誕生ころの平均体重は、男児11.3㌔㌘、女児10.8㌔㌘。
・ 個人差は10~12㌔㌘のあいだにある。
・ 3歳までの1年間の増加量は約2㌔㌘。

スポンサードリンク

 備考
・ 体重の増え方が少ないときは精密検査を受ける。
・ ツベルクリン反応の陽転や、寄生虫がいたりすると、発育の遅れることがある。

 身長
 特徴
・ 満2歳のお誕生ころの平均身長は、男児84.1㌢、女児82.7㌢。
・ 個人差は81~86㌢のあいだにある。
・ 3歳までの1年間の増加量は約8㌢。

 備考
・ 栄養の与え方に自信がなければ1週間の献立をメモし、食品分析をしてもらうとよい。

子育てママの化粧品