子供の躾;排便の後始末


● 後始末を上手に教える

 後始末は、手先の器用さなど、運動機能の発達と深い関係があって、紙を1枚1枚取れませんし、また、はじめは見えないところを拭くのですから、拭きもらしなどが出てきます。

 そこで、最初はお母さんが拭いてあげますが、3歳過ぎになったら、手をあてて一緒に拭いてみます。こうして、4歳頃までに一人で出来るように繰り返し行っていきます。

 親が自分であと始末をするのを見せる方法もあります。子供は親の行動を模倣しながら、いろいろの生活習慣を学習していきます。親が恥ずかしがらなければ、かなり効果的な方法です。実際に成功したお母さんもいます。

● 排泄物をいじる子どもの指導

 自分の排泄物をいじるのは、どんな子供にも見られるもので、1~2度はやってみるのが普通です。これは、便が汚いもの、という意識がまだありませんので、子供にとっては、泥んことか粘土などと同じものなのです。

 何度か繰り返して、”不潔なもの”ということを教えると、すぐ治ってしまいます。

スポンサードリンク

 情緒障害のある場合

 ただし、自閉症のある子供では、それだけにこだわっていて、なかなか治りにくいこともあります。一般に、情緒障害のある子供は、親の言うことがなかなかうまく学習できず、感情を素直に受け取ることができません。

 このような子供たちでは、もとになっている障害を取りのぞいてあげることが先決問題です。

● 便意を予告させるためには…

 なによりもお母さんが子供をよく観察することが大切です。いきみがあらわれたら「ウンチね」などと言ってあげます。これを繰り返しているうちに、自分で「ママ ウンチ」というようになります。

 もちろん言語発達にもおおいに関係があります。これは、放っておいてもなかなかできるようになりません。

 しかし、根気良く、規則正しく繰り返していけば、1歳~1歳半に便意を訴えるようになります。

 個人差があり、しかも、何回も失敗を繰り返しますから、子供によってその時期には大きな幅がありますが、タイミングをうまくとらえることが躾のポイントです。

子育てママの化粧品