子供とおもちゃ・遊具;おもちゃを生かして遊ぶ時期


 いろいろなおもちゃを使い、おもちゃの性質を生かして遊びます。おもちゃとおもちゃを組み合わせても遊べます。おもちゃを自分で作って遊んだり、そのおもちゃと既成のおもちゃを関係づけて遊べるのです。

● 工夫しながら遊べるもの

 子供たちが、おもちゃを生かして遊べるようになったら、遊びたい時に“いつでも”遊べるように、一通りのおもちゃを整えて、その“使われ方”に気を配りましょう。

 大切なのは、工夫しながら遊べるように導くことです。ボタン一つ押せば走りだす車は、子供たちを引き付けてもじきに捨てられて、顧みられなくなりがちです。

 しかし、なにかの拍子で、ガタピシしだすと、子供の目が急に輝いて、そのガタピシのおもちゃに執着することがあります。傷ついてはじめて、そのおもちゃに愛着がわくのもこの頃です。

● おもちゃの種類と遊び方

スポンサードリンク

 ブロックほか
 おもちゃの性質としては、丈夫で組み換えの自由に出来るものが望まれます。「ブロック(レゴなど)」は、幅広く遊べて、この時期にも重要なおもちゃです。

 動く乗り物の倉庫をつくったり、ビルディングを構築したりも出来ます。創造力が養われ、指先の器用さも育つでしょう。「組み積み木」「積みくみ木」なども似た性質のおもちゃです。

 「ピクチャーパズル」の複雑なものは、取り組んで気長にやらなければ完成できません。これをやりとげる喜びがやってわかるでしょう。

 野球盤ほか
 友だちとの関係が発展する協同遊びでは、お互いに影響しあいながら、楽しく遊べます。集団遊びの決まりを守ることで遊びが面白くなります。例えば「野球盤」での遊びがそうでしょう。

 その他のおもちゃ
 文字や数字への関心が育ってくると、「文字積み木」とか「黒板」などを生かせますし、遊びながら学べます。図鑑類への興味もわいてくるでしょう。「電話」「着せ替え人形」「歩く人形」なども生かして使うことができるでしょう。

子育てママの化粧品