子供とおもちゃ・遊具;おもちゃと一緒に遊ぶ時期


● おもちゃと友だちのようになる

 おもちゃと一つになって、子供自身がおもちゃの友だちのようになって遊ぶ時期です。好きなように自分で遊びますが、しかしそれはおもちゃがあって発展していく遊びです。

 このころのおもちゃ遊びでは、遊びでの活動の種類が増えてきます。その活動の性質から、おもちゃの種類分けをすることができます。

 それまでは、受容・快楽・動作などが子供の活動の大きな部分を占めていました。それが、この時期になると、操作・競争・構成・表技(表現すること)・役技(役割をとって振る舞う、例えばごっこ遊び)・理解(絵本を見てわかるなど)その他の活動が大きな割合を占めるようになります。

 そのそれぞれの働きを伸ばすおもちゃを揃え、遊びたい時には、いつでも遊べるようにしておきたいものです。

● おもちゃの種類と与え方

 積み木
 構成する働きが育ちます。子供たちは「積み木」のトンネルを、一度はくぐって成長するでしょう。

スポンサードリンク

 積み木は、古くからありながら次々に新しく子供たちに迎えられます。積み木で遊ぶ子供の心には「かたち」が描かれます。そのかたちが手を使って積むことの中に表現されながら、また新しくかたちが心に描かれていきます。

 このひとつながりの活動から、子供たちは「かたちをつくる」のに必要なたくさんのことを学びます。

 積み木では、子供たちに与えるだけでなく、遊んで面白くなるように、きっかけを作ることをしましょう。ちょっとしたはずみで、くずれて投げ出したくなるような時「今度はどうかな」と、また新しく積む心構えが育つようにすることが指導のしどころです。

 ままごと遊びの道具
 ままごと遊びもさかんになってくるころです。役割を取り替えて遊べるように気をつけましょう。家具や食器がおもちゃのかわりになります。

 すべり台、ブランコ、マット
 幼稚園に通う子供たちは、すべり台ですべるだけでなく、それを使って鬼ごっこをしたり、ブランコでは、立ち乗りなども出来て活発に遊ぶでしょう。家ではこういう施設遊具を備えることがむずかしくても、例えばマットがわりに布団を使ってでんぐり返りをするなど、体の動きを活発にする遊びが出来るように心がけましょう。

 おもちゃのピアノ
 おもちゃのピアノなどもほしがるでしょう。正しい音感を育てるには、楽器を与えます。

子育てママの化粧品