体を作る遊び;体作りの基本になる遊び


 幼児の体の発達のしくみ

● アンバランスな発達をする

 運動の機能は、おもに神経・感覚機能(つまり運動神経と知覚神経)、内臓の機能(とくに呼吸と循環の系統)、筋肉の機能という三つが、互いにからみあって成り立っていると考えられています。

 幼児の場合、これらの発達のバランスがとれていないことがむしろ特徴です。大脳との結びつきが一番深い感覚・神経の機能は、幼児の終わり頃にはもう大人に近い働きをするのに、内臓や筋肉は青年期になってやっと一人前になるのです。

● 頭から足へ、中心部から末端へ発達する

 また、幼児の体は頭の方から足の方へと順番に発達しますし、中心部から末端部へと(手でいえば、腕から手、指という順序で)発達が進みます。

 従って、足・腰も定まらないうちから、手足の細かい運動を必要とするものや、いたずらに筋肉だけを鍛えるようなものは、幼児の体作りには向きません。

スポンサードリンク

 歩いて、走って、足腰を強くする

 歩くことは「消費のスポーツ」といわれます。

 プロ野球の選手が開幕に備えて、ボクシングの選手が試合を控えて走りこむのはよく知られています。走ることは一見無関係に思われる体操、柔道、卓球の選手も、毎日の練習のかなりの時間を走ることに費やします。

 走ること、また歩くことは、全てのスポーツの基礎となる、足腰を鍛えるのにもっとも有効な運動なのです。

 体作りの基本も、まったく同じことです。運動能力の基礎といえば、すぐ“走る”“投げる”“飛ぶ“といいますが、幼児期の体作りは、あくまで歩くこと、走ることに始まると思います。

 全身の機能を高める遊び

● 戸外での活発な遊びこそ体作りの基本

 いくら走ることが良いといっても、幼児は黙々と走り続けることはできません。しかし、戸外で活発に動き回る遊びのほとんどには、期せずして“走る”“歩く”がたっぷり組み込まれています。

 鬼ごっこ、かけっ子、縄跳び、三輪車…どれもみな、“足腰を鍛える”ことを中心に、全身の機能を高める条件を満たしています。

● 運動遊びには、すべての機能の発達に役立つ

 こうした運動遊びには、体を動かすあらゆる機能がお互いに助け合いながら関係しているので、たんに足腰の筋肉だけでなく、身のこなし(敏しょう性)や、やわらかさ(柔軟性)、体のバランスをとる(平衡感覚)なども、同時に伸びていきます。

 つまり、平均台わたりのような特殊な遊びを除いては、一つの機能だけを伸ばすような運動遊びは、むしろごく少ないと言えるでしょう。

 なお、幼児の足や腰を丈夫にし、平衡感覚を養うものとして効果的な方法が、運動遊び以外にも一つあります。

 それは、電車やバスの中では、出来るだけ立たせておくことです。乗り物の小刻みな揺れやスピードの変化に、うまく調子を合わせて立ち続けることは、以外に前進的機能が必要なものです。

子育てママの化粧品