子どもの性格

遺伝か環境か乳児期の特徴幼児期の特徴家庭環境性格がつくられる過程性格は決められない親が気にしがちな子どもの性格総領の甚六一人っ子おばあちゃん子甘えっ子神経質な子末っ子落ち着きのない子供のろまな子暴れん坊泣き虫幼児の嘘内弁慶

 <性格を形づくるもの>

 子どもの日常生活を見ていると、その時その時の気分によって、動作やふるまい方はいろいろと変化します。からだの調子がよく、なにかうれしいことがあるときには、その子は全体に明るく、うきうきした様子を見せます。

 ところが、同じその子がお母さんに叱られたり、大事なものをなくしてしまったときは、なんとなく沈んで、さえない感じです。このように、その時、その子はどんな状況であるかによって、ふるまい方は違うものです。

 しかし、一人一人の子どもをずっと見ていますと、たとえ同じような状況に置かれても、いつも元気で明るさを失わない子もいれば、おとなしくて控えめな子もいるのです。

スポンサードリンク

● その子らしい特徴を生みだすものが性格
 このように、子どもに限らず、人はそれぞれに違った、その人なりの振る舞い、物の考え方、感じ方、話し方を持っています。そのような表れの奥にあって、その子、その人らしい特徴を生みだしているものを、いっぱんに「性格」と呼んでいます。

 また、性格というものは、明朗、おせっかい、甘えん坊…などという要素を、一つ一つバラバラにして考えられるものではありません。

 はやい話が、A君とB君とでは、「まじめ」という点で共通していても、「明朗さ」という点で違えば、”A君らしさ””B君らしさ”は、まったく違ったものとして印象付けられます。

 性格とは、このようにいろいろな側面が組み合わさって、一つのまとまりをもったものでもあります。