子どもの性格-総領の甚六

 総領とは長男のことです。“総領の甚六”というのは、長男のお人よし、少々ぼんやりした面をなかばからかい、なかばばかにした言い方です。

 “ぼんやりしている”といっても、知能に欠陥がるのではなく、社会生活をしていく上に、抜け目があるということでしょう。

● 初めての子で、親に育児経験がない
 いうまでもなく親が育児に不慣れなうえに、めずらしさも加わって、子どもに手がかけられすぎます。

 保護されすぎ、干渉され過ぎになるので、“わがまま”“甘ったれ”“積極性のなさ”“おっとり”“早熟”“神経質”などの特徴がつくられてきやすいのです。

● 一人っ子の時期を経験する
 次の子が生まれるまでは一人っ子ですから、大人に囲まれ、大人のすることばかり見ているうちに“おませ”“早熟”が芽生えるわけです。

 一人天下の時代が長く続くと、わがままにもなりますし、友達とうまく遊べない社会的適応の悪さも出てきます。また、外ではわがままが通せないので、自然に友達から遠ざかる点も見逃せません。

スポンサードリンク

● 下の子の模範を要求される
 弟や妹が生まれると、今度は「お前は兄さんだから…」というので、年下の子のお手本でなくてはならないし、年下の子の行動の面倒まで見なくてはなりません。このように親に期待されると、“慎重さ”“自制心”などが目立つようになります。

 逆に、自分の指導的立場に自信を持ちすぎると、下のものに対して支配欲・優越感が強くなります。

 ひとことでいえば、長男は甚六的な人の良さと、模範生的なリーダーの性質を持ちやすいわけです。

● 次の子が生まれたときが転機
 次の子が生まれると、その子に母親をとられまいとして「赤ちゃんがえり(退行現象)」をしめすこともあります。弟妹の力が強くなったり、親の愛情をうばわれてしまったと感じると焼きもちを焼いたり、情緒的に不安定になったりします。

● 子ども同士の世界に入れてやる
 親として考慮すべきことは、親子関係の密度があまり濃くなりすぎ、それが子どもの依頼心を必要以上に助長してしまうことです。

 それを避けるためにも、なるべく子ども同士の世界へ入れてやり、甘ったれ、わがままなどをほぐすことが必要でしょう。幼稚園に早くから通わせるのも一つの方法でしょう。

スポンサードリンク