親が気にしがちな子どもの性格

 甘えっ子
 一人でできる能力を持ちながら、他人をあてにして、それによりかかろうとする傾向の強い子です。一人っ子、末っ子、からだの弱い子によく見られます。

 内弁慶
 家の中では弁慶のように威張ったり、乱暴したりするくせに、外へ出ると小さくなって何も言えず、しり込みをしている子、友達を家に連れてくるが自分からは遊びに行かない子です。

 暴れん坊
 活動性にあふれ、しかも短気で、攻撃的になりやすい子どものことを、“暴れん坊”といいます。こんな子どもは「元気があってよろしい」といわれることもあれば、「乱暴でいやね」と敬遠されることもあります。しかし、なぜ暴れるようになったかを理解しておかないと、対策も出てきません。

 泣き虫
 幼い子どもは、自分の感情をおさえることができないので、すぐ泣くのはしかたがありません。しかし、4歳ごろからは自己制御の力が発達してくるので、我慢できるはずです。ですから、4歳くらいにもなってわずかのことで泣いたり、泣くことによってなにかを要求するかどうかで“泣き虫”といわれるようになります。

スポンサードリンク

 神経質な子
 細かいことに敏感で、情緒の変化しやすい性質を神経質といいます。まわりからの刺激に異常に影響されやすく、他人の存在を非常に気にするという傾向が顕著です。しかし親が勝手に思い込んで心配している例も少なくないようです。

 ませた子
 ふつうのレベルよりも大人びた感じがして、発育が進んでいる子を”ませた子”とひとくちに言っています。ませた子については、親はときに喜んだり、ときに心配したりして、反応も様々のようです。

 落ち着きのない子
 動作がせかせかして、一つのことに長続きせず、気が散りやすい子どもを”落ち着きがない子”といいます。しかし、気が散りやすいといってもおけいこ事や勉強など強制されたものは長続きしないが、テレビや絵本は夢中になって、食いつくように見ていることが多いのです。

 のろまな子
 なにをやっても、のろい子どもがいるものです。そんな子は動作に力強さ、活発さ、はきはきしたところがなく、全体に行動がゆっくりとしていて、親が歯がゆがります。

スポンサードリンク