子どもの性格-幼児期の特徴

 3歳ごろまでは生活の場は主として家庭の中ですが、しだいに同じ年齢くらいの友達を求める気持ちが強くなり、幼稚園に行くようになれば、この傾向はいちじるしくなります。

● いろいろな能力が関連しながら発達する
 幼児期には運動能力、社会性、ことばを話す力、理解する力など、いろいろな領域が目覚ましく発達します。これらは、それぞれがばらばらに発達するのではなく、相互に関連しあって、その子らしい性格の特徴を形づくっていくのです。

 たとえば、健康で活動力にあふれている子どもは、弱々しくおとなしい子にたいして、支配的になりやすく、力をたのんで乱暴になりやすい傾向を示します。これはからだの健康さや行動の機敏さが土台となって、性格がつくられていくという一例です。

● おとなの評価を受け入れて性格をつくる
 身体つきや容姿の特徴は一見してわかることなので、大人たちの批評をまねきやすいものです。「一郎君は強そうね」とか「まあ、かわいいお嬢さん!」とか、「花子ちゃんは、お友達にやさしいのね」などと、まわりの大人が一定の批評を繰り返し与えていると、本人たちはそれをそのまま受け入れるものです。

 そして、いつの間にか自分はそうなるのだと思い込んで、そのようにふるまっていく傾向もあります。幼児期に周りから言われる言葉が、本人に自信をつけさせたり、自信を失わせたりするのです。

スポンサードリンク

● 情緒(情動)の発達が性格づくりの基礎となる
 喜び、怒り、恐れ、嫉妬、愛など、基本的な情緒が発達してくるのも幼児期です。そして、これらの情緒も、性格をつくっていく上での基礎となります。

 身のまわりの人、動物、花などに愛情を持つということは、心理的安定感をうるのに必要です。

 恐れ、不安のようなマイナスの情緒が長期間にわたって続くのは、性格づくりの上に好ましくありません。そして、どのようなことに対してどのような情緒を持つかということや、その情緒の表現のしかたは、家庭のなかの身近な人の行動をまねやすいのです。

 母親がネズミ、トカゲなどを異常に怖がったり、気味悪がったりすると、子どもの同様な傾向をしめすようになります。

● 反抗をしめす時期
 3歳前後のことを「反抗期」とよぶこともあります。この時期になると、日常のたいていの行動は、一応不自由なく自分でできるようになります。

 しかし、なにが危険なのか、なにがしてはいけないことなのかが分かっていないので、親はそばから「いけません!」「やめなさい!」と禁止します。

 こうして、子どもの強い活動の意欲が制約されると、それに対して強い反抗をしめしやすいのです。

スポンサードリンク