幼児の性格の問題;甘えっ子

● 幼児の性格の問題
  甘えっ子
  友だちが出来ない子
  内弁慶
  泣き虫の子
  神経質
  おませな子
  乱暴な子
  かんしゃく持ち
  落ち着きがない
  強情な子
  嘘をいう子

 なぜ甘えっ子になるか

 精神発達は正常であり、精神的にも身体的にも、自分で独立的に行動する能力がありながら、それを十分に使おうとせず、依頼心の強い子を甘えっ子という。

● 依頼心が強い

 甘えっ子は、親密な態度で、相手に寄りかかりながら、自分の主張を通そうとする。相手の迷惑など考えないで、自分の都合の良いことを気がすむまで押し通そうとする。

● 人に認められたい

スポンサードリンク

 甘えっ子は自分の言動を、相手に認めてもらおうとする。無視された場合は、一時的にすねたりはしても、自分の主張を無理に押し付けようとはしない。

● 褒められたい

 甘えっ子は、人から褒めてもらいたいという傾向が強く、人目につく行動をしたがる。

● わがままである

 指示、命令を受けたとき、自分本位に考えて、都合のよいことだけを聞く。注意を受けると弁解が先に立ち、自分の誤りを認めず、よりよい方向へ進もうとする努力をしない。責任を他人に押し付けるケースもしばしばみられる。

● 甘えっ子は親の態度と環境から

 一般に、大勢の大人の中の一人っ子、中年の夫婦から生まれた子、末っ子、身体に欠陥がある子、虚弱な子などが、甘えっ子になりやすい。両親としては、甘えてはいけないと言い聞かせながら、子供が甘えるのを喜んで許している場合がある。

 そんな場合子供は、矛盾した親の態度に戸惑うが、やがて、甘えることが、親の関心を引く方法だと思い込む。

 子供が、身体的にも精神的にも正常な発達をとげ、自分の力で何でも出来るようになっているのに、親がかまい過ぎると、いわゆる「良い子」でさえも、甘えっ子になってしまう恐れがある。

● 甘ったれを歓迎する親の心理

 子供の自主性を高めようとして、せっかく、よい環境を整えてやりながら、いざとなると、子供の一人立ちをひどく寂しがったり、恐れたりする親がいる。そういう親は、わざわざ親に寄りかかる余地を残しておいて、子供がいつまでも同じ甘えん坊であることに満足しているのである。

 このような、間違った扱い方は、子供が家庭にとってかけがいのない一人っ子の場合によく見られる。

スポンサードリンク

● 子供との接触が少ないとき

 親よりも、よその人にひどく甘えたがる子がいる。親が忙しすぎて、子供と十分な接触が出来ないとき、また、機会はあっても、厳格すぎて子供の気持ちを受けとめ、正しい要求を聞いてやれない時に、その傾向が生じやすい。

● 早い機会に正しく導く

 甘えっ子は、難しい問題に出会ったとき、自分の力で克服しようという気構えになれない。集団生活を送る場合には、いろいろな支障をきたすので、早い時期に正しく導く必要がある。

 4~5歳になってから、急に自主性や独立心を植え付けようとしても、なかなか出来るものではない。その頃にはすでに、人にたよって生きていくことの安易さを、子供はすっかり身につけてしまっている。

 大人が正しく導こうとして、突き放すと、そういう子供はひどく恨み、愛情を失ったかのように思い込んで、いっそう、甘えっ子の特性を発揮する。

● 一人でできる自信と喜びを

 いきなり突き放して、子供に不安感を持たせないことが大切。子供の甘えたい気持ちを認めてやりながら、出来ることから、徐々に一人でやらせてみる。一人でやれる自信と、喜びを持たせることが出来たら、まず成功である。

● 幼稚園や保育所に入れてやる

 家庭内ではなかなか親と子供の依存関係がたちきれない場合が多い。そのような時は、幼稚園、保育所などに入れて、集団生活をおくらせるのが効果的。

 能力的に正常な発達をしていれば、同年齢の集団に入ると、子供なりに競争心を持つようになる。集団生活では、大人に頼る訳にはいかないので自分の力を発見し、それを発揮することに満足感を抱くようになる。

● 時には専門的な治療も必要

 あまりにも依存的な子供は、幼稚園などの集団生活に入るのを嫌がる傾向を持っている。このような時には、やむを得ないので家庭から離して、短期の治療集団に参加させてみるのも、一つの方法である。

子育てママの化粧品