家族関係と幼児の性格:一人っ子


 最近、我が国の家庭には、一人っ子が増えている。一人っ子は、その置かれた立場から性格的な長所も短所も芽生えてくるが、ここでは、特に問題となる点について考えてみよう。

● 一人っ子の性格的な特徴

 ・身体が弱い・甘ったれ・依頼心が強い・独立心がない・意志が弱い・わがまま・おませ・神経質・社会性、協調性がない・利己的

 一人っ子は、なぜこのような性格的特徴を持つようになるのだろうか。

● かけがいのない存在である

 一人っ子は、その家庭にとって、かけがいのない存在である。かりにその子が死ねば、家庭生活は破れる。従って、親の心には、いつでもその子の「生」に対する不安が付きまとう。

 一人っ子に対する親の気づかいは、なみなみならぬものがある。そのため、つい子供への過保護や、干渉のし過ぎにおちいりやすい。親のご機嫌取りや過保護のために子供は、甘ったれでわがままで、依頼心の強い子になる。

スポンサードリンク

● 兄弟、姉妹がない

 親の保護や教育の手は、兄弟、姉妹があれば分散するが、一人っ子の場合には、その子一人に集中する。一人っ子は、家庭の中心となりやすく、「一人天下」の座を占める。

 家庭の中に、子供同士の世界を持てない。そのため自我のぶつかり合いもなく、競争もない。また、共同の生活もない。子供同士で物を分け合ったり、愛しあったりすることがなく、助け合うことの経験もない。

 このような環境で育つ一人っ子には、友だちの悲しみ、苦しみなども理解できない。他人の立場に立って物事を考えようとせず、自分さえ良ければ、という冷たい利己的な傾向が生まれる。

● 大人だけとの関係である

 明けても暮れても、大人ばかりの中で生活している。また、一人っ子に対する大人の期待は大きい。年齢不相応の親の期待に応えようとして、子供は、実力以上の背伸びした行動をとり、おませな傾向が強くなる。

 自分の要求を何でも聞いてくれる大人の中での生活から、わがままの通らない友だちとの生活に入ると、子供はすっかり戸惑い、強い欲求不満におちいる。そのため、意気地なしになり、内弁慶になる。

 なんでも、大人がすぐ手助けをするので、ちょっと難しい事にぶつかると、すぐ諦めてしまう。物ごとをやりとげる事の出来ない意志の弱い子になっていく。大人への依頼心が強いため、自分のことを、自分で処理する自主性、独立心をなかなか持てない。

● 責任を持たせて自分でやらせる

 子供は、自分から進んで体験し、その中から、色々なことを学びとる。時には、親が勇気を出して、多少難しいと思われることでも、積極的に、子供にやらせてみる必要がある。

● 親子神経質をなくそう

 一人っ子と親との異常な関係は、親子神経質、依存神経症などと呼ばれ、専門家によって、多くの症例があげられている。子供のちょっとした体の異常にも、親は大きな不安を持ち、子供の行動にも、必要以上の制限や干渉をしがちになる。

スポンサードリンク

 病的な親子依存心理は、母一人、子一人の場合、特に激しい。異常な親子関係からは、無気力で、依頼心の強い性格が芽生えやすい。このように、あまりにも神経質な親の態度は、反省する必要がある。

● 時には子供を突き放せ

 甘ったれやわがままな性格は、子供が、社会生活を営む上で大きな障害となる。子供がわがままを通そうとするために無理な要求をした時には、思い切って、子供を突き放して見る決断がほしいものである。

● 子供同士の世界へ入れてやる

 子供自身は、わがままの効く「一人っ子王国」に安住して、それに満足しているとは限らない。遊び相手を求める傾向(社会的欲求)も強いのが普通である。友だちと遊びたい子供の欲求を満足させてやる必要がある。

● 母親の過保護を慎もう

 母親の愛情過多、過保護の元で育った一人っ子は、いつまでたっても小児的な状態にとどまり、対人関係がスムーズに行かない事がある。

 一方、いつまでも母親だけを愛情の対象にする傾向もある。中には、青年時代に入っても、性的意識や要求が不健康で、変則的になることもあるので注意したい。

子育てママの化粧品