家族関係と幼児の性格:長子


 ・長子 ・中っ子 ・末っ子 ・一人っ子 ・おばあさん子

● 総領の甚六とは

 総領とは、長子の事である。甚六とは、ことわざの辞典によると、「おろかで、おうような人」とある。この場合、おろかとは、知能の面での欠陥をさしているのではない。社会生活を送る上での、適応のまずさを指しているのである。

 それならば、なぜ長子が「総領の甚六」と呼ばれるのだろうか。一般に長子には次のような性格的特徴が問題としてあげられる。

・甘ったれ ・根性無し ・焼きもち焼き ・わがまま ・依頼心が強い ・神経質 ・おませ

● 初めての子である

スポンサードリンク

 初めての子なので、両親に育児の経験がない。このため子供に親の手がかけられ過ぎる。珍しさもあって、子供は、いじくりまわされる。両親ばかりでなく、親族、知人からも、初めての子として歓迎され、ちやほやされる。

 親や周りの人たちからの過保護、過干渉によって、子供は依頼心を強め、神経質にもなる。依存性が強いため、すべての動作に積極性がなく、意欲的でない。だから一見おっとりした子になっていく。

● 一人っ子の立場に立たされる

 長子は、次の子が生まれるまでは一人っ子である。大人ばかりに取り囲まれ、大人のすることばかり見ていると色々なことを自然に覚えてしまう。このような環境から、ついおませな傾向が強くなる。

 長子は、家庭での「小さな王様」として、わがままいっぱいに振る舞いやすい。一人天下の生活が、長く続くほど、わがままになり、よその子からは嫌われる。

 長子は、外ではわがままが通せないので、よその子と遊ぼうとしない。自然、友だちのない子になっていく。

● 弟妹にたいして模範を要求される

 長子は、親から弟妹への模範を要求される。長子の行動は、いつも年下の子の行動にも責任を持たされる。

 長子は、自然、指導的立場に立たされ、指導性の発達を強いられる。また、親に叱られる事のないように注意深く、慎重に行動する。しかし、親の要求が強すぎると、これらの長所が逆に優越感、支配性、横暴性を発揮するようになる。

スポンサードリンク

● 次の子が生まれたときが危険

 次の子が生まれると、長子は、一人天下の座から降りなければならない。下の子との年齢差が開いていても、やきもち焼きになりやすい。弟妹に母親を取られまいとするあがきが出る。このため、「赤ちゃんがえり」(退行反応)を示すようになる。

● 自分のことは自分でやらせる

 親は、子供を適当に突き放すことが出来なくてはいけない。駄々をこねたり、必要以上に親に頼るときは、厳しくたしなめる。

 子供は、年齢に応じて、自分の事は自分で始末できるはず。ヒントを与えながら、自力でやりとげていく習慣をつけたい。

● 子供同士の世界へ入れてやる

 子供は、子供同士の世界で、自分の生活を持ちたがる。こうした子供の自然な要求を満たしてやる配慮が大切である。これは、子供同士の生活の中で、甘ったれや、わがままな性格がときほぐされていくからである。

子育てママの化粧品