子供の性格:母子関係と性格


● 生後の1年間の母子関係
● 生後1年から2年目へ
● 兄弟、姉妹関係と性格
● 兄弟、姉妹喧嘩の問題
● ませた子

 親、特に母親と子供とのつながりは、非常に密接です。2,3歳頃までは母親の与えるものを口に入れ、母親の選んだものを身につけ、母親の言うことをそのまま受け入れて成長します。

 友達が出来、幼稚園に行くようになれば、仲間からの影響も加わりますが、それでもその子に強い働きかけをするのは母親です。

 <母としての意識の芽生え>

 母親が子供の出生をどんな気持ちで迎え、子供になにを期待し、どんな態度で育てたかということが、子供の性格に深い影響を与えます。

スポンサードリンク

● 日本の女性は子供を大事にするが…

 最近の若い母親の中には例外も出てきましたが、それでもまだ日本の母は、欧米の母親に比べて子供をかわいがるということができます。

 例えば、若い既婚婦人に「娘から妻になった時と、子供が生まれて母親になった時とでは、どちらが印象が深かったでしょうか」と聞いてみます。すると、わが国では7,8割は「それは母となった時」と答えます。

 欧米の婦人は逆で「夫となる人は自分の意志で選んだが、子供の出生は夫との結婚生活の一つの結果である。だから自分にとっては、結婚のほうが印象的です」と答えます。

 また、欧米婦人の中には、お腹の中の赤ちゃんを生命のある存在とは見ないで、なにか異物のようなものと見る例も時々ありますが、わが国の婦人にはほとんどありません。こう見てくると、日本には子供を大事にするお母さんが多いといえそうです。

● 生まれてくる赤ちゃんの迎え方には差がある

 しかし、生まれてくる赤ちゃんをどう迎えるかについて、個々の場合を見ると大きな幅があります。

 待望の子供として、周りの全ての人の祝福を受ける赤ちゃんもいれば、親の期待した性でなったり、妊娠そのものが早かったりして一種の失望をもって迎えられる赤ちゃんもいます。

 また、母となるだけの精神的視覚のない;例えば授乳が嫌いな母親のもとに生まれて、邪魔にされる赤ちゃんもいます。

スポンサードリンク

 さらに、子供に対する愛情を十分に表現できにくい事情;例えば、姑、姑め、夫とのトラベルの中に母親があるとき、母親自身の精神衛生も妨げられて、子供に対する愛情そのものが、ゆがんだ形で伝えられる事になります。

● 何番目の子かによって親の態度に差が出てくる

 何番目かの男の子あるいは女の子が生まれるということは、周りの人間関係に様々な変化を与えます。何番目に生まれるか、男か女かということはその赤ちゃんの意志でもなく、責任の取れる問題でもありません。

 しかし、どうにも出来ないその事実が、周りの人々の態度に影響し、その赤ちゃんに対する働きかけに、微妙な差やはっきりした差を作っていきます。そして、それが積もり重なって、その子の性格づくりに影響していくのです。

子育てママの化粧品