子どもの性格-内弁慶


 家の中では弁慶のように威張ったり、乱暴したりするくせに、外へ出ると小さくなって何も言えず、尻込みをしている子、友達を家に連れてくるが自分からは遊びに行かない子です。

● あまえっ子の内弁慶
 家の中で甘やかされわがままになっていた子が、子どもの仲間や、集団生活に入ると、そこではわがままが通用しないのでおとなしくなり、その不満を家に持ち帰って暴れるという例は案外多いものです。

● 感受性が強すぎる、劣等感にとらわれる
 なかには、環境にたいする感受性が鋭敏過ぎて、家から一歩外へ踏み出すと気おくれがしてしまう子どももいます。といっても、それは親の神経質な態度の反映であることが非常に多いのです。

 口うるさく、細かい注意まで先回りしてあたえ、保護しすぎ、干渉しすぎると子どもの感受性は高まって、のびのびと思うままに振る舞っているほかの子どもたちに劣等感をいだいてしまいます。

スポンサードリンク

● からだの面、心の面、経済の面
 そのほか、身体が小さく弱い、運動機能が劣るなどの条件のある子どもは、みんなについていけない劣等感や屈辱感から、内弁慶になることもあります。

 なかには、心の発達が遅れているために、友だちについていけないもどかしさを、家の中で発散させる子どももいます。

 また、豊かな家庭の子供ばかりの幼稚園で圧倒され、引け目を感じて内弁慶になってしまう例もあるのです。幼稚園選びも、親の見栄でやってはいけません。

● 自信を持たせ、生活領域を広げてやる
 内弁慶をしつこくしかったり、口先だけで激励しても効果はありません。よその子や、ほかの兄弟と比較しても逆効果です。その子の生活領域を少しずつ広げてやって、自分の家で出来ることはよそでやっても出来るのだということを体験させ、自信をつけさせることが大切です。

 身体に欠陥があるときは、その子の持っている能力や特性を最大限に発揮させるように親も努力し、その面で自信をつけさせたいと思います。

 もし、経済的な事情があるならば、現在の生活条件に真面目に四つに取り組んでいる両親の自信にあふれた生活態度が、子どもの劣等感も救ってくれます。

● 弟、妹をいじめる子
 下の兄弟をいじめて喜んでいる子どもを“内弁慶”ということもありますが、こういうときには他のことで欲求不満(フラストレーション)を起こしていることも多いので、区別して観察しましょう。

スポンサードリンク