子どもの性格-泣き虫


 幼い子供は、自分の感情をおさえることができないので、すぐ泣くのはしかたがありません。しかし、4歳ごろからは自己制御の力が発達してくるので、我慢できるはずです。ですから、4歳くらいにもなってわずかのことで泣いたり、泣くことによって何かを要求するかどうかで“泣き虫”といわれるようになります。

● 泣くことを手段に使う
 子供が泣くと、親が飛んできます。これが繰り返されているうちに、子供は泣くことが他人を動かす手段として効果的であることを覚えます。そして、子供は自分の要求をおさえる必要を感じなくなって、わがままな性格も芽生えてきます。

 こんな子供は、がいして依頼心が強く、友達と喧嘩をしても、なにかが思うようにできなくても、泣いてしまって助けてもらおうとします。

スポンサードリンク

● 親の養育態度にも問題が
 親は、甘やかして依存的な面を育てたのではないか、泣いたら何でも要求を通してやってきたのではないか…、などを考えてみる必要があります。

 泣かれて「今度だけよ」といって、親のほうが何回かわがままを通してやると、子供はしだいに味をしめてくるものです。

 泣かれても毅然として、その子の発達段階に応じた自己表現のしかたを、はっきりと子供に要求すべきです。きちんと正しい表現で要求すれば、それが大人から受け入れられ、認められるということを認識させるのです。

● 泣き虫はしだいになおる
 しかし、泣く回数は年とともに減るでしょう。とくに幼稚園に入ると、泣いても周りがあまり反応してくれないので、泣いても効果がないことを分かり始めます。泣くことも目に見えて少なくなるでしょう。

● 感受性の強い子の泣き
 気の弱い子、同情深い子もよく泣きます。他人の悲しみが自分のことのように感じられて、物語を読んでも泣いたりします。

 しかし、これは要求を通したり、助けてもらうための手段としての泣きではありません。むしろ、その子供の個性というべきで、べつに心配することはないものです。

スポンサードリンク