子どもの性格-暴れん坊


 活動性にあふれ、しかも短気で、攻撃的なりやすい子供のことを、“暴れん坊”といいます。こんな子供は「元気があってよろしい」といわれることもあれば、「乱暴でいやね」と敬遠されることもあります。しかし、なぜ暴れるようになったかを理解しておかないと、対策も出てきません。

● エネルギーをもてあまして
 強烈な活動のエネルギーをもてあまして暴れる子もいます。体力的にも能力的にもありあまっている力を発散させる活動の場が与えられていないのです。ですから、乱暴な行動を発散させる方法を具体的に考えてやらなければなりません。

● 周囲の人に不満をいだいて
 親や兄弟に対して不満があったり、幼稚園の先生や友達のやり方に腹を立てて乱暴することもあります。親に反抗したり、友達に仲間外れにされて、それが不満で暴れる、ますます親に叱られ、友だちも遠ざかるーますます欲求不満がつのって、さらに暴れる、という悪循環におちいる子供もいます。

 子供に過大な要求や期待をすると、それは子供自身の本当の欲求を無視し拒否していることになり、やがて子供は欲求不満におちいることがあります。

スポンサードリンク

● 自己表現が未熟なため
 幼児は、自分の要求を思い通りに言葉で表現できないし、相手の身になって物事を考えることも出来ないので、自分の考えや要求をおもに行動で表現します。

 不満をいだいていたり、自分が傷つけられたときに起こす反応も、直接的な行動になりやすいわけです。

● 子供の自己表現を助けてやる
 母親は、とかくおとなしいことがよく、暴れることは悪いと単純に考えがちですが、こんなときはしかって乱暴をおさえようとせず、子供の自己表現を助けてやることが必要です。

 また、“うるさい”“あとにしなさい”と拒否しないで、ある程度時間をかけて子どもの言い分を聞いてやることです。

 そして、要求の内容によっては、暴れなくても要求は満たされるということに気づかせるのです。

● 親自身の反省も
 親自身が、たとえば、その子がお山の大将になっているのを見逃してしまい、協調性を養うしつけをしなかったのでは…? 子どもの元気良さに負けて、ついわがままを許してきたのでは…?

 あまりに厳しくしかったり、しつけを強いたりして、子供の心の中に積もった不満や反抗心が爆発したのでは…? その子にあまり関心をしめさなくなったので、その子は当てつけに乱暴を働いて関心を呼ぼうとしているのでは…? などという反省です。

● 脳の機能障害から
 ごく例外的なことですが、大脳の機能に障害があるために、粗暴な行為をすることもあります。理由もなく、急に怒り出すなど、一見して病的な印象を与えます。

スポンサードリンク