子どもの性格-末っ子


 二人兄弟の下の子も末っ子といえないこともありませんが、ふつうは上に2、3人の兄弟のいるような子どものことです。

 末っ子といえば、“いくじなし”“甘ったれ”“利己的”“忍耐力がない”“幼稚”などいうイメージが浮かびがちです。

● “可愛い”と“かわいそうだ”の気持ちが混じる
 長子の場合と違って、親の育児経験は豊かになっています。しかし、親と子の年齢差が大きく、父親が50歳過ぎ、母親が40歳を超えているという例も少なくありません。それで、子どもへの接し方がどうしても甘くなりがちです。

 親はこれが自分たちの最後の子どもだ、ことによると、この子の成長するまで面倒を見てやれないかも…などという考えが頭をかすめることもあります。

 こうして“かわいい”という気持ちと“かわいそう”という思いが混じりあって、盲目的な溺愛になりがちです。

 上の兄弟の年齢が大きく開いていれば、幼い頃に自分の欲求が満たされなかった代わりに、末っ子の欲求を満足させてやろうとする場合もあります。

スポンサードリンク

● 兄弟の力関係のなかの末っ子
 子どもは、親が誰をかわいがっているかということに、親が考えている以上に敏感なものです。そして、親の寵愛を受けている末っ子は、ほかの兄弟にしてみれば、癪にさわる存在としてうつりがちです。

 こんなとき、親がわけも聞かずに、上の子を頭からしかったり下の子をかばったりすれば、下の子は増長するかもしれません。上の子はひがみます。

 末っ子は、自分だけでは上の兄弟に対抗できないので、親に依存するばかりか、甘えを込めて親に告げ口をすることになります。

 また、上の子に比べて能力的に不利な条件に打ち勝って自立していこうとしますが、親の後ろ盾をいいことに(母親の甘やかしを計算に入れて)度が過ぎた挑戦的・利己的な態度になることもあります。

 逆に、上の子たちの力が強い場合には、引っ込み思案になる可能性も出てくるわけです。

● 偏愛をさけよう
 簡単にいえば、末っ子は、親が偏愛したばあいにスポイルされやすく、兄弟関係をまずくします。

 親を独占しようとする末っ子の気持ちを抑制しなければ、上の兄弟たちは仲が良いのに、下の子だけが疎外されるという悪い事態にもなりかねません。

 “末っ子”だからとかばわずに、上の子たちにも要求してきたような問題を自分自身で解決させたいものです。

 末っ子にたいする親の溺愛傾向は、その子が女の子であれば、いっそう著しくなるようです。

スポンサードリンク