子どもの性格-神経質な子


 こまかいことに敏感で、情緒の変化しやすい性質を神経質といいます。まわりからの刺激に異常に影響されやすく、他人の存在を非常に気にするという傾向が顕著です。しかし親が勝手に思い込んで心配している例も少なくないようです。

● 心身両面にあらわれる特徴ー素質的なもの
 神経質な子はやせ型の子どもに多く、偏食、乗り物酔い、下痢、不眠などの兆候もみられ、興奮しやすく、疲れやすい…などが目につきます。そして、これらは素質によって規定されやすい特色です。

 こういった素質のうえに、親の養育態度や環境などの条件が重なってくると、“神経質な子”としての特徴がはっきりしてくるわけです。

スポンサードリンク

● しつけ方であらわれる神経質
 子どもをかまいすぎる家庭、しつけが極端にうるさい家庭から神経質な子どもがつくられます。保護のしすぎ、干渉のしすぎで子どもが過敏になり、小さな刺激にも鋭敏に反応するようになるのです。

 親の大きすぎる期待や要求などが、日常的に子どもに不安やいら立ちをまねくと、子どもは神経質になります。

 また、親自身が神経質であると、子どもはその素質を受け継いでいるかもしれませんし、日常生活を通して親の神経質が、子どもに大きな影響力をおよぼしていきます。

● 余分な刺激をさけ、自信をつけさせる
 子どもに自信を与え、ささいなことにこだわらないように導くべきですが、あせりや無理は禁物です。

 わずかなことでも、子どもが自力でやったことはほめて、少しずつ自信をつけてやりたいものです。自信がつけば、子どもらしい大胆さも回復するでしょう。

 また、無駄な刺激や、強すぎる刺激はさけましょう。過大な期待や厳しすぎる態度も、その刺激の中に入ることをお忘れなく。

 刺激をさけるといっても、子どもにとってまったく刺激のない状態というものは考えられませんし、神経質な子はそれなりに刺激を受けとめていかなければなりません。

 まわりのものが不必要に気を使い過ぎて、その子を特別扱いするのはよくありません。むしろ、適当な子どものグループの中に入れて遊ばせてやりたいものです。

● 神経質の再評価も必要
 ことに男の子が神経質であると、親はとかく気にします。神経質という言葉が、“弱々しい、男らしくない”ような響きをもつからでしょう。

 しかし、これを“デリケートなこころ”と考えれば、いちがいに否定する性質とも言えなくなります。素質的な要素の強い性質なので、なおすのは容易ではありませんが、これを無理になおそうとするより、むしろ“物事によく気がつく繊細なこころ”の方向へ育てていくべきです。

スポンサードリンク