子どもの性格-おばあちゃん子


 夫婦が共稼ぎであったり、母親が家事に追われているような家庭におばあちゃんが一緒にいると、祖母と孫の接触が増えて、子どもの性格形成に大きな影響をおよぼすことになります。

● おばあちゃんの立場と育児態度
 おばあちゃんはすでに家事や社会的活動から身を引いているので、孫の世話をすることによって孤独がなぐさめられ、家庭内での自分の座が保たれるということになります。

 しかし、おばあちゃんの育児態度は過度の保護に流れやすく、子どもを甘ったれで、わがままに育てがちです。また、おばあちゃんは、自分自身の動作がおとろえて鈍くなるので、子どもの扱い方も憶病になりやすく、これがいつの間にか子どもに反映してしまいます。

 安全第一主義で、“危なくて見ておれない”といって、子どもを少しでも危険から遠ざけようとするので、子どもの活発な動きは封じられて、神経質で、消極的で、意気地なしの子にしてしまいがちです。

 また、孫の気持ちの先回りをして気を配り、世話をするので、おばあちゃんは孫の我意を満たすための便利な手段となり、わがままや甘えを助長して自発性をうばってしまいます。

スポンサードリンク

● 子どもの気持ちと態度
 もし、家庭内で母親の立場が祖母より弱いときには、子どもは両方の顔色を見ながら自分の都合のいいほうを選ぶ、悪い“処世術”を身につけるかもしれません。

 そうでなくても、きびしい態度をとる理性的な母親より、ひたすら甘いおばあちゃんのほうに安易になつき、母親がしかると、急いで祖母の楯に逃げ込むということになりかねません。

● 祖母の経験と母親の合理性の統一を
 祖母と母親の育児方針の対立はときには深刻化して、子どもの発育の上にもよい影響を残しません。

 まず最小限、祖母と母親のあいだで育児の分担を決めておき、しつけについての意見を統一しておく必要があります。

 しかし、たとえ祖母が同居していても、育児の責任者は親なのです。母親は育児の主導権をきちんと自分で守りながら、祖母の持っている豊かな人生経験のたくわえと育児経験と愛情とを、現代的な育児プランのなかに生かすことができれば、むしろ、祖母と同居していない母親よりも、よい条件に恵まれているといっていいでしょう。

スポンサードリンク