赤ちゃんの下痢

● 便をよく調べる
① 水のようか、ドロドロしているか、ぶつぶつが入っているか、ねばねば(粘液)が多いかなどを調べる。

② 血が混じっていたり、粘液が多いときは、早く医師の診察を受ける。

③ 便は取っておいて医師に見せる。

● 栄養方法で便は違う
① 母乳栄養では
 母乳が多いと、下痢便になることがあるが、元気がよく体重も増えていれば心配ない。

② 人工栄養では
 牛乳を用いているときに、緑色の便が出るのは異常。粉乳を用いているときは、緑便が混じっても心配ないことがある。元気がよく、食欲があれば1~2日ようすを見ていてよい。

スポンサードリンク

● ほかの症状はないか
① 熱が出たり、吐き気があったりするときは、すぐ医師の診察を受ける。

② 風邪をひくと下痢をしやすいから、風邪らしい症状にも気をつける。

● 食物をひかえる
① 下痢がひどいときは、絶食させて医師に見せる。

② 母乳は飲ませてよいことが多いが、人工栄養のときはミルクを薄めたり糖分や穀粉をやめたりする。離乳期なら離乳食をやめ、うすめた牛乳にする。

③ 熱や吐き気があれば絶食させる。

● 水分をじゅうぶんに
① からだの水分がなくなるので、湯ざましや番茶をじゅうぶんに与える。

② 水分を与えたからといって、下痢がひどくなることはない。

③ 砂糖水やジュース類は、下痢をひどくする。果汁はリンゴがよい。

スポンサードリンク

● 吐き気がひどいとき
① 冬のはじめごろ、吐き気があって白っぽい下痢をすることがある。

② 水分を与えると吐くようなら、飲ませないようにして、早く医師の診察を受ける。

● 薬はむやみに与えない
① すぐに下痢止めの薬、ことに抗生物質を飲ませるのはよくない。絶食して、水分を与えるほうがよい。

② 医師が間に合わないときは、いちじ酵母剤か乳酸菌剤を飲ませておく程度にする。

 下痢をする病気

病名 発見のポイント 参 考
急性消化不良症 下痢が続く。 軽いものから、吐き気、熱が出るものまでいろいろある。風邪のためにおこりやすい。
消化不良性中毒症 吐く。ぐったりする。 うとうとし、ひきつける。急に悪くなるから急いで医師へ。
白色便下痢症 白っぽい便。 冬の初めにおこる。吐く。(仮性小児コレラ)
赤痢 便に血が混じる。 赤ちゃんでは多くない。