赤ちゃんの発疹

● 伝染する病気が多い

① 赤い発疹と水ぶくれの発疹がある。

② 伝染する病気が多いので、他の子どもといっしょにしないように。

③ 湿疹や小児ストロフルスは伝染する病気ではない。

● 熱をはかる
① 熱をはかり、熱と発疹の出かたの関係を調べておく。

② はしか─2~3日熱が出てから発疹する。

③ 風疹─熱と同時に発疹が出る。

④ 突発性発疹症─熱が2~3日続き、下がるときに発疹が出る。

スポンサードリンク

● 熱があれば隔離する
① 熱があるときは、他の子といっしょにならないようにして静かに寝かせる。

② はしかでも熱い時期なら水まくらをしてよい。

● かかないようにする
① 発疹をかくとばい菌が入る。

② 湿疹は、かくと急に悪化する。

 発疹の出る病気

病名 発見のポイント 参 考
はしか 高熱が出る。顔にも発疹が出る。発疹がくっつきあう。 生後3カ月まではかからない。6カ月以後は注意。目やに・せき・下痢をともなう。肺炎に気をつける。水分をじゅうぶんに与える。
風疹 軽い発疹。 「三日ばしか」。3日間ぐらいで熱が下がり、元気になる
突発性発疹症 こまかい発疹。 かぜの症状。熱が下がったとき発疹が出る。かぜの手当てでよい。
しょうこう熱 全身が一面に青くなる。 赤ちゃんには少ない。熱とともに赤くなる。舌が赤くはれ、のどがはれる。
丹毒 痛み。 皮膚の一部分が赤くはれて熱を持つ。赤ちゃんはおへその周りに注意。
じんましん かゆい。 熱はない。地図状に盛り上がって赤くなる。赤ちゃんには少ない。
湿疹 かさぶたができる。かゆい。 顔や頭に多い。赤くなりジクジクする。かかないように。
水痘 小さい水ぶくれ。 「水ぼうそう」。水ぶくれがかわくと黒いかさぶたになる。顔にもできる。伝染しやすい。
小児ストロフルス 小さい水ぶくれ。かゆい 虫に食われたように手足や胸にできる。
膿痂疹 大きい水ぶくれ。 「とびひ」。うすい皮を持ち、破れやすい。