幼児の育児:3歳児~運動機能と心の発達


 運動機能の発達

 歩行の進歩
 特徴
・ 脳神経は成熟し、バランスをとる能力がつく。
・ 片足でほんの少しの間、立てる。
・ つま先立って歩ける。
・ 平均台を渡る能力がつく。
・ 後ろ向きに歩ける。
・ 走って来て急に曲がったり、突然止まったりできる。
・ 階段は、3段くらいなら足を交互に出して登れる。1段ごとに足をそろえて降りることもできる。
・ 30㌢くらいの高さから飛び降りられる。
・ 三輪車のペダルを踏んでこぐことが出来る。

 備考
・ 運動する機会を多く与える。
・ 病弱児、年寄りっ子など、室内生活に慣れて戸外で遊ぶ機会の少ない子は、運動機能の発達が遅れる。

スポンサードリンク

 手先
 特徴
・ 食事がじょうずになり、こぼすことが少なくなる。
・ 靴が一人で履ける。
・ 大きいボタンの服なら、一人で脱ぎ着できる。
・ ハサミが使え、二つ三つ続けて切れる。
・ 折り紙の二つ折りができる。
・ クレヨンで○と□が書ける。

 備考
・ この時期になっても、食べ物をこぼすことが多いのは、過保護が大きな原因。
・ 先のまるい、小さなハサミを与える。


 心の発達

 知能
 特徴
・ 対応の概念が分かり始める。
例─「塩は辛いけれど、お砂糖は?」と聞くと、「甘い」と答える子供が多くなる。
・ 3歳半を過ぎると、ふつう4つまで数えられる。始めは4つまでの数系列が分かる程度。
・ 生活経験を遊びに再現する。─ごっこ遊びが多くなり、両親の言葉をそのまま使ったり、両親の役割を真似て、演じたりする。
・ 簡単なゲームなら、ルールを覚えて、それを守ることができる。
・ 乗り物や動物の絵本を好み、簡単な筋ならよく記憶する。字を拾い読みする子もいる。
・ 未完成の自動車の絵を見せても、それが自動車であるということが分かる。
・ だいたいの形をした絵が描ける。かなり細かい部分に注意が払われたり、印象的なものを表現していることが多い。
 
 備考
・ 数は、遊びの中でおもちゃなどを使って、楽しく覚えさせる。
・ 字を無理に教え込む必要はない。質問されたら丁寧に教える程度でよい。
・ 絵は教えるよりも、楽しく描ける場をつくってやること。

 言葉
 特徴
・ 言葉は3歳時代にもっとも多く覚える。
・ 過去、未来を表す言葉を使う。
・ 好んでおしゃべりをする。
・ テレビで覚えて言葉を上手に真似て、家族のものを笑わせる。
・ 話し言葉ば長くなる。─「ご飯を食べてからミカンを食べた」というような、助詞を使った従属文が話せる。

スポンサードリンク

 備考
・ 悪い言葉を覚えてきて、家庭の中で使うようになるが、叱ったり、笑ったりしてはいけない。軽くたしなめて正しい言葉を教え、後は取り合わないほうがよい。

 感情
 特徴
・ 2歳の時よりかなり落ち着きが出てきて、かんしゃくを起こしたり、泣いたりすることが少なくなる。
・ 躾が適切に行なわれた子供は、わがままを抑える事ができる。
・ 感情を言葉で表現する─怒った時は、言葉で攻撃することが多くなる。
・ ユーモラスな行動で大人を笑わせ、それを見て何度も同じ行動を繰り返す。自分自身もよく笑う。
・ 弟や妹が生まれると、可愛がることよりも、嫉妬することのほうが多くなる。
・ こわい顔をした人、色の違った人など、視覚的な恐れが強い。警察官、お医者さんなど、こわいと教えられた人を怖がる。

 備考
・ 親は子供の前で恐れや不安の感情を出さない事。おどしも禁物。

子育てママの化粧品