幼児の育児:3歳児~成長の特徴


 三つ子の魂(たましい)

● 社会性が芽生える時期

 2歳時代に見られた強情さや反抗心が消え、しだいに両親や友だちの気持ちがくめるようになってくる。相手の気持ちがくめるということは、社会生活を営む準備ができたことを意味する。
 社会性は、友だちとの交わりをとおして育っていく。

● 偏食をさせない

 好き嫌いをはっきり言う時期で、野菜を嫌う傾向が強い。多彩は大切な栄養源であるから献立をくふうして、少しずつでも食べるように仕向ける。

● 食生活は規則正しく

 幼稚園や保育所に通っている子供は、そこでの規則正しい食生活に慣れている。家庭でもそれに歩調を合わせて、食生活の規律を守りたい。

スポンサードリンク

● 睡眠は十分に

 友だちと遊ぶ時間が惜しくて、昼寝をする子供が少なくなるが、身体の弱い子供でなければ、無理に昼寝をさせなくてもよい。夜更かしをさけるには、日中に、友だちと身体を使った遊びを十分にさせる。

● 衛生の習慣を育てる

 食前、排尿排便後の手洗い、外から帰ったときのうがい、寝る前の歯磨きなどを習慣づけ、手伝ってやらなくても一人で出来るようにさせる。

● 片付けの習慣をつける

 友だちとの遊びに熱中すると、おもちゃの出しっぱなしが多くなる。使った物は、元の場所へ戻す習慣をつけていく。後からこの習慣をつけることは難しい。

● 友だちを与える

① 近所に友だちがいなければ、幼稚園や保育所などに通わせるとよい。初めての子、年寄りがいて依存性の強い子供などにとって、幼稚園や保育所は特に有効である。

● 公衆道徳の躾はこの時期から

 公共の場所でしてよい事、悪い事の区別は、3~4歳から教えると身につきやすい。

● 予防接種と事故防止

 腸チフス、パラチフスなどの予防接種は、忘れずにしておく。
 路上、川べり、用水地など、危険な場所での遊びは特に注意する。

スポンサードリンク

 からだの発達

 体重と身長
 特徴
・ 体重は生まれたときの約4倍となる。
・ 体重の増え方は2歳時代よりも少ない。
・ 身長の伸び方は1~2歳時代のころと同じ。
・ 身体全体の釣り合いが取れ、筋肉がよく発達する。
・ 背骨がほどよいカーブ(S字型)になる。
・ 土ふまずができあがる。

 備考
・ この頃に土ふまずが出来ていないと偏平足になりやすい。医師に相談して、靴の形を工夫するとよい。

子育てママの化粧品