幼児の育児:1歳児~運動機能と心の発達


 運動機能の発達

 歩行
 特徴
・ ふつう1歳2か月~3か月で歩きはじめる。
・ 早い子供は1歳前、遅い子供は1歳半前後で歩きはじめる。
・ 1歳半前後になるとかけ足が出来る。
・ 2歳近くなると、一人で高い敷居がまたげる。
・ 2歳前後になると、手すりや壁につかまりながら階段を上る。

 備考
・ 座ったり、はったりする時期が、厚着やおんぶの多い冬にあたると、歩行が遅れることがある。
・ 歩行開始が多少遅れても、運動器官に異常がない限りその後の運動の発達とは無関係なので心配ない。
・ 普段から、おんぶ癖をつけると、歩行が遅れがちになる。

スポンサードリンク

 手先
 特徴
・ 1歳前半で、積み木を二つ積み上げる。
・ 1歳後半で、積み木を三つ積み上げる。
・ 1歳3カ月前後で、クレヨンを持たせると、殴り書きをするようになる。
・ 1歳半頃になると、さじを使って食事ができる。
・ 2歳近くになると、器用さが増して、絵本を1枚1枚めくる。
・ 1歳半過ぎから、左利き、右利きがはっきりしてくる。


 心の発達

 知能
 特徴
・ 1個と2個の菓子を、別々の皿にのせて出すと、多いほうをとる。
・ 1歳後半で、簡単な輪郭画が分かる
・ 絵本の中の物の名前をいうと、それを指さし、やがて自分で、その名前が言えるようになる。
・ 1歳後半になると、菓子の入っていた箱を見て、その中の菓子を思い出して欲しがる。
・ 2歳近くで、「今すぐにね」というと、待つことが出来るようになる。

 言葉
 特徴
・ お誕生頃には、片ことをしゃべりはじめる。
・ お誕生を過ぎると、言葉の数がどんどん増える。
・ この時期の言葉は“1語文”といって、1語でいろいろな意味をあらわす。
例─自動車をさして「ブーブー」というときは、「自動車が来た」「自動車に乗りたい」「自動車をごらんなさい」などという意味にも用いられている。

・ 1歳半頃になると、名詞のほかに動詞・形容詞を使った“2語文”をしゃべる。
例─「キレイナオハナ」 「ブーブーキタ」

スポンサードリンク

 備考
・ 家族のものが明快な発音で、正しい言葉を使っていれば、子供は自然に正しい言葉を覚えていく。

 感情
 特徴
・ 乳児期に見られなかった、すねる・はにかむ・てれるなどの感情を表現する。
・ リズムのはっきりした音楽を聞かせると、全身を動かして喜ぶようになる。それを褒めると、得意になる。
・ 自分の手にしたものは手放したがらず、無理に取り上げられると激しく泣く。
・ 他人の物を欲しがったり手をつけたりするが、「いけない」といわれると泣き、いつまでもそれを覚えている。
・ 大きな音や暗やみを怖がり、激しく泣いたりする。

 備考
・ 子供の可愛いしぐさを、むやみに褒めて、神経を刺激しないように注意する。

子育てママの化粧品