幼児の育児:1歳児~歩行開始


● もう赤ちゃんではない

 この時期に、人間として最も大切な、言葉と歩行が始まり、自立心が芽生える。まだ失敗やそそうが多いが、焦らずに発育を見守ってやりたい。

● タンパク質を多く与える

 カロリーは、体重1㌔㌘あたり90~100㌍、タンパク質は体重1㌔㌘あたりで、大人の3倍を必要とする。動物性タンパク質(卵・牛乳・魚・肉)を多く与えるように。

● 偏食をさせない

 好き嫌いをはっきり示すようになるが、嫌いなものでも一口は食べさせ偏食をさせないようにする。

● 母乳はやめる

 母乳は1歳までにきっぱりやめる。牛乳は1日360cc(2本)くらい与える。

スポンサードリンク

● 添い寝はやめる

 添い寝を続けると甘え癖がつき、睡眠も浅くなる。寝つきが悪いのは、昼間の運動不足、昼寝のし過ぎが主な原因。寝ついてからしばらくして、激しく泣くようならば、ぎょう虫の有無を調べてみる。

 昼寝は、午前と午後に1回ずつさせるのがふつう。

● 排尿の躾は焦らずに

 乳児期には、抱えるとおしっこをしていた子供も、1歳前後から失敗が多くなる。このような時には、無理にさせようとはせず、2~3カ月待つとよい。2歳までには、おしっこをする前に知らせるようになる。

● 手や指はいつも清潔に

 食事の前後、遊びの後、寝る前などには、必ず手を拭いてやる。1歳半ころからは、母親が手伝いながら、手を洗う習慣をつける。

● 予防接種を忘れずに

 百日ぜき、ジフテリアなど、追加免疫を必要とする予防接種を忘れずに。ツベルクリン反応も、年に1~2回しておくとよい。

● 事故防止に細心の注意を

 刃物、薬品などは、子供の手の届かないところに保管する。火傷の危険がある物の置き場所には、たえず注意する。近所のみぞや穴をよく見て回り、その近くで遊ばせないようにする。


 からだの発育

  特徴
体重 ・ 体重は満1歳で出生時の約3倍になる。
・ この頃の平均体重は男児9.1㌔㌘、女児8.5㌔㌘。
・ 個人差がかなりあり、10㌔㌘前後の子供や、8㌔㌘に達しない子供もいる。
・ 2歳までの1年間の増加量は約2㌔㌘。
・ 栄養にバランスがとれていれば、体重の大小はその子供固有の正常な発育状態とみてよい。
身長 ・ 身長は満1歳で出生時の約1.5倍となる。
・ 平均身長は男児74.1㌢、女児72.7㌢。
・ 個人差がかなりあり、75㌢以上の子供も、70㌢以下の子供もいる。
・ 2歳までの1年間の増加量は約10㌢。
・ 身長の大小はその子供の持ち味。骨の発育に重要なカルシウム・ビタミンDを十分に与え、日光浴をよくしていれば心配しなくてもよい。
からだつき ・ 胸囲は頭囲より大きくなり、赤ちゃん時代よりいくぶんほっそりした感じになる。
・ 2歳までに上下10本ずつの乳歯が出そろう子供が多い。
・ この頃は、反対交合(いけ口)の傾向がある。

・ 歯の生える時期は、子供によって差がある。

子育てママの化粧品