幼児食:おやつのルール


 幼児のおやつは、3度の食事で取り切れない栄養量を補うために、必ず与えるようにする。

● おやつを与える時間

 ふつうは、午後1回(2~3時)。早起きで食欲の盛んな子供には午前10時ころ、もう1回与えてもよい。

● おやつは200カロリーを目安に

 1日に必要なカロリーの10~20%にあたる約200㌍を目安にして与える。食事にムラのある子供は、1日に必要なカロリーを見て、足りない分を補充する程度で与える。

● 望ましいおやつの組み合わせ

・ 牛乳1本と50~100㌍の食品。下の表を参考に考えてほしい。
・ 果物とビスケット、クラッカーの組み合わせもよい。
・ フルーツ牛乳、コーヒー牛乳は、害はないが、栄養価は牛乳の3分の1~2分の1なので、牛乳のほうがよい

 200カロリーの食品の量

食品名 数量
3個弱
牛乳 約2本弱
スキムミルク 2分の1カップ
バター 大さじ2
サツマイモ 中1本
ジャガイモ 小2個
パン 2切れ
ゆでめん 3分の2玉
スポンサードリンク





 

 

 

 

 

 50カロリーのお菓子と果物

食品名 分量(g) 数量 食品名 分量(g) 数量
チョコレート 10 1かけ リンゴ 110 小1個
ドーナツ 12 3分の1個 バナナ 55 小1本
ドロップ 15 5個 ビワ 120 3~4個
ピーナツ 10 10粒 ブドウ 70 小1房
ビスケット 12 3~4枚 イチゴ 140 6~7個
ウエファース 10 2枚 夏ミカン 140 3分の2個
キャラメル 12 2.5粒 ミカン 100 2個
塩せんべい 15 1枚半 120 小1個


● 手作りおやつを

 週に1~2度は果物、いも類、豆類など、なるべく天然の材料を使った手作りのおやつを与えたい。

スポンサードリンク

● いけないおやつ

・ 甘味の強い食品は、食欲不振、むし歯の原因になる。
 
・ 濃く着色したもの、強い香辛料や甘味料を使った食品は1~2度は無害でも、たび重なると害になりやすい。

● 守りたいおやつのルール

・ おやつはあくまでも母親の食事計画の一部として与え、家族の人にも協力してもらう。遊び食いさせない。食事と同じように、手を洗って食卓で食べさせる。

・ 買い食いさせない。不衛生な店で不潔なお菓子を買わせない。アイスクリームなどは、信用のあるメーカーの物を選んで与える。

・ 他の子供に与えない。食べ物をもらったり、あげたりする習慣は子供の食生活を乱すもと。母親同士で約束して、ルールをつくっておくとよい。

子育てママの化粧品