幼児の育児:5歳児~成長の特徴


 幼児期の完成

● 安定感が出る

 身体も心もしっかりしてきて、言うことなすこと、すべてに安定感が出てくる。対人関係もおだやかになり、生活習慣もほとんどできあがる。

● 食事の時の手伝いをさせる

 食事の前に簡単な手伝いをさせる。じょうずに指導すれば、喜んでやる。茶わんや箸を食卓に並べさせることも、子供にはよい勉強になる。

● 食事中の行儀は正しく

 食事中の団らんは必要であるが、口に食べ物を入れている時は、喋らないように躾ける。この時期になればそれができる。人が話しているときは、終わるまで待ってから話すようにさせる。買い食いの癖をつけないように。

スポンサードリンク

● 生活習慣を完成させる

 一人で床に入ることが出来るが、時々寝る前にお話してやるとよい。就寝、起床の時間は規則正しく。朝起きたときは、自分で髪の手入れができるように練習させる。

 入浴のさいは、手の届くところは一人で洗えるように指導する。外出する前には用便を済ませておくこと。あわてて便所へ行くものではないことを教え、それを実行させる。

● 団らんの機会を多く

 家族そろってレクリエーションを楽しむ機会をつくり、公衆道徳も実際の場に即して、その都度教える。家の中でも、団らんの機会をつとめて多く持ちたい。

● 乱暴な言動は焦らずなおす

 乱暴な言葉を覚えてきたり、乱暴な行動が多くなることがある。家族のものが正しい言動をしていれば、それらの言動は自然に改められるから心配はいらない。

● 厳し過ぎると言い訳が多くなる

 言い訳が多くなり、責任逃れのための嘘をつくことがある。言い訳や嘘の心配をする前に、一方的に子供を責める気持ちが強すぎないかを反省してみる必要がある。

スポンサードリンク

● 予防接種を忘れずに

 入学前6か月以内に、種痘、ジフテリアなどの予防接種をしておく。ツベルクリン反応や検便もしておくとよい。


 からだの発育

 体重と身長
 特徴
・ 体重─出生時の5~6倍となる。
・ 5歳の終わり頃には18㌔㌘を超える子供が多くなる。
・ 5歳過ぎに、急に伸びる子もいる。
・ 5歳の終わり頃には、体重16㌔㌘、身長104~105㌢の子供もいて、個人差がかなりはっきりしてくる。

 備考
・ 身長や体重だけで子供の体位を評価してはならない。学童期や青年期に、急に大きくなることがある。
・ 痩せていても、小さい場合でも、運動機能の発達がよくて健康であれば心配はない。

子育てママの化粧品