子育て 新生児

育児 出産

新生児・乳児
母親になる日のために─1


がんばれ!! 子育て!!Top > 新生児・乳児

 新生児・乳児
 母親になる日のために─1 
 母親になる日のために─2 
 赤ちゃんの特徴
 赤ちゃんの成長と発育
 赤ちゃんの知能と運動機能 


 新生児
  うぶ声は生命力
  新生児のからだの特徴ー1 
  新生児のからだの特徴ー2 
  新生児のからだの特徴ー3 
  新生児の育て方ー1
  新生児の育て方ー2
  新生児の育て方ー3
 満1か月〜満4か月のからだの特徴
  満1か月〜満4か月ー生理現象と病気
  満1か月〜満4か月の育て方ー1
  満1か月〜満4か月の育て方ー2

 満4か月〜満7か月のからだの特徴
  満4か月〜満7か月に多い生理現象と病気
  満4か月〜満7か月―離乳
  満4か月〜満7か月の育て方ー2
  満4か月〜満7か月の育て方ー3
 満7か月〜満10か月のからだの特徴
  満7か月〜満10か月に多い病気

 満10か月〜お誕生のからだの特徴
  満10か月〜お誕生に多い生理現象と病気
 赤ちゃんの栄養
  母乳と赤ちゃん
  離乳と赤ちゃん
  母乳栄養
  授乳の注意
  母乳不足
 離乳の準備
  離乳の開始
  離乳の進行
  中期の離乳食
  離乳の完了
  病気と離乳食
 
 赤ちゃんの睡眠
  赤ちゃんの寝かた
  睡眠のしつけ
 
 赤ちゃんのだっこ
  赤ちゃんのおんぶ
  だきぐせ・おんぶぐせ
 
 赤ちゃんの入浴
  入浴時の心がけ
  入浴時の注意
  入浴時の事故
  入浴を嫌がる赤ちゃん
 赤ちゃんの病気
  赤ちゃんの発熱
  赤ちゃんの発疹
  赤ちゃんの便秘
  赤ちゃんの下痢
  赤ちゃんの吐き気
  赤ちゃんのせき・呼吸困難
  赤ちゃんのひきつけ
 

● 出産への不安をなくそう


 妊娠は病気ではない。どんな小さな野の花にもやがて実がなり、ひとりでにはじけてこぼれるように、出産もまた、自然の偉大なエネルギーが女性にもたらす生理的現象で、恐れたり、心配したりする必要は一つもない。新しい命が誕生する日を、祝福された気持で待とう。

● 胎内の赤ちゃんをよい環境に


 受胎の瞬間から、受精卵は活発な活動をはじめ、素晴らしい早さで育っていく。この大切な時期に、胎内の赤ちゃんをできるだけよい環境においてやりたい。心を安静に保ち母体の健康を損なわないように、くれぐれも気をつけよう。

● 平静な気持で毎日を

 心安らかな毎日を送るためには、夫婦間の深い愛情と信頼と理解が絶対の条件。これさえあればやがて生まれてくる赤ちゃんの幸福と健康は、もう約束されたようなものである。笑顔を寄せ合って、赤ちゃんの誕生をむかえるための楽しいプランを立てよう。

● 母親の健康が第一のカギ

 胎内にあるときも、また生まれてからも、赤ちゃんが健康であるためには、なによりもまず母親が健康でなければならない。母親の健康は赤ちゃんの幸福に切実につながっている。胎児が丈夫に育つためにもぜひとも必要な「よい環境」も、母親が病弱であってはつくることができない。

● 定期健診を受けよう
 

 妊娠のきざしに気づいたら、あれこれ思案することなく、信頼できる専門医をたずねよう。医師は妊娠かどうかを診断して、今後の健康や妊娠中の衛生について、詳しく指導してくれる。6か月目までは少なくとも月に1回、その後は出産の近づくまで、月2回以上診察を受けるのが理想的。

● 健康管理のための検査を受けよう
スポンサードリンク

 病院では、母体の健康管理のために次のような検査をしてくれる。よい赤ちゃんを生むために、すすんで検査を受けよう。

@ 骨盤検査
 赤ちゃんが、産道をうまく通過できるかどうかをみる。
A 血液検査
 赤ちゃんに、よい血液がじゅうぶんに供給されるかどうかをみる。
B 検尿
 腎臓の働きを調べる。
C そのほか、全身の診察と必要な検査。

● 母親学級で出産に対する自信を


 最近では医学の進歩がめざましく、医師の適切な健康管理を受けることによって、少しの危険もなく、安全に出産できるようになった。このごろはよく医院、産院、保健所などで母親学級が開かれている。おっくうがらずに出かけていって講義を聞いてみるのも、出産への自信を深めるうえに大きく役立つと思う。

● 栄養をじゅうぶんに取ろう

 タンパク質、各種ビタミン、カルシウム、リンや鉄分などのミネラルをじゅうぶんにとること。カロリーの取り方は、個人によってかなり広い幅があるので、いちがいにはいえない。医師の指示を受けたほうがよい。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  がんばれ!! 子育て!! All Rights Reserved