子育て 生後6カ月

生後9ヶ月の育児

生後6ヶ月〜9ヶ月までの育児
がんばれ!! 子育て!!Top > 生後6ヶ月〜9ヶ月までの育児

 生後6〜7ヶ月の育児

 からだと心の発達
 歯が生えはじめる子が多い。しかし、個人差があってお誕生頃まで生えない子もいる
● 運動が活発になり、6か月で寝返り、7か月で一人座りのできる子が多くなる
● 
ベッド以外の生活に興味を持ち、動きが激しくなる
● 
人見知りがはじまる
 持っているおもちゃをとると泣きだすなど、自我と感情の発達が目覚ましい
 人真似がうまくなり、知恵がぐんとついてくる
 下あごの前歯が2本生えてくる(赤ちゃんの40%ぐらい)
 腹ばいにさせると首を持ち上げて、おもちゃに手を出す
 持ているものをもちかえる

 あらわれやすい問題
 
夜泣きが急に増える
 病気にかかりやすくなる
 離乳食に好き嫌いが出てくる
 6か月ごろ、急に熱を出し、1日ぐらいで下がることがある。知恵熱などといわれているが、軽い風邪であることが多い

 育てかたの目標
 運動機能や情緒の発達が目覚ましいので散歩や遊び、乗り物や動物を見せるなど、世の中のいろいろの刺激にならしていく
 ひまにまかせて相手をしないように。依頼心の強い子どもになる
 離乳食は2回食ぐらい。つぶのあるものを交えて
 種痘はこの時期から


 生後8〜9ヶ月の育児

 からだと心の発達
 あまり太らなくなるが、背が伸びて、ちょっとやせ型の体型になる
 はいはいができるようになる子が多い
 大人の注意を引こうとして声を出したり、泣いたりする
 運動機能や知能の発達に個人差が目立ってくる
 早い赤ちゃんだと、つかまり立ちをする
 名前を呼ぶと自分のことだとわかる

 あらわれやすい問題
 離乳食にたいする偏食や食欲不振が目立ってくる
 床や畳の上のものを飲み込んだり、やけど、転落など事故が増える
 はしかにかかる赤ちゃんが増える
スポンサードリンク
 体重の増え方が止まっているように見えることがあるが心配ない
 夏の食欲不振は秋にはなおる

 育てかたの目標
 離乳食は3回食にする
 できるだけ外に連れ出し、外気浴や日光浴をさせる
 活発に動き回るので、部屋のなかは清潔にし、口に入れそうなものは手の届かないところへ




これはあくまでも標準であり、目安に過ぎません。
一人ひとりの子どもは、多少とも標準からはずれながら成長を続け、
やがて健康な少年少女に育っていくというのが、実際の姿です。

Copyright (C)  がんばれ!! 子育て!! All Rights Reserved